声優 大学

このエントリーをはてなブックマークに追加

声優希望なんだけど、大学か専門学校か悩んでいる生徒さんへ

管理人の私は、大学受験予備校の塾長をしています。

声優 大学,大学 声優,

最近、大学へ行きながら、声優を目指す子が増えてきました。

私の教え子に、大学に行きながら声優を目指している女の子がいたのでインタビューしました。これから声優を目指して、大学受験する中高生の参考になれば幸いです。
今大学3年生で、某声優プロダクションに登録している椎名愛梨ちゃんという私の教え子です。

大学生の声優へインタビューした内容

大学に行きながら声優を目指そうと考えたのは、いつくらいから?

そうですね!私の場合、学校が中高一貫校だったので、中学3年生くらいのときから、大学へ行きながら、声優を目指そうと考えました。

 

大学へ行って声優目指そうと考えた時期も早いね!声優はいつぐらいから意識し始めたの?

そもそも声優を意識したのは、中2のときの、学校の文化祭で新世紀エバンゲリオンのアニメの上映会で、放送部員として吹替えに参加させてもらったのが、きっかけなんです。このときの、「エバンゲリオン発信!」という台詞を担当したら、学校中の人気者になってしまったんです。

 

その「エバンゲリオン発信!」って覚えている!ミサトの号令だね!

そうなんです。幸運にもミサトの吹き替え役を担当させてもらったんです。それで、学校中の生徒からミサトというニックネームで呼ばれるようになりました。それでアニメの力ってすごいなと思って、できたら声優を職業にしたいなって考えたんです。

 

高校を卒業したら専門学校へ行って、そのあと養成所へ入る声優志望者も多いみたいね?

実は、私も中2のときは、高校を卒業したら、声優の専門学校に2年間通学してから、養成所の試験を受けるつもりでいました。でも色々調べていたら、新世紀エバンゲリオンの綾波レイ役の声優の林原めぐみさんは、20代になってから、声優を目指したというのが分かって、高校卒業してすぐに専門学校へ行かなくともいいかななんて、思ってしまいました。学校が中高一貫校だったんで、高交を卒業して専門学校というのも親に申し訳ないなという気もありました。

 

大学の進学先は、北海道から沖縄まであるけど、どういう風に考えた?

最初から東京の私立大学を考えました。プロダクションや付属の養成所は、東京がダントツに多く、千葉や埼玉には、ほとんどといっていいほど声優向けプロダクションや養成所や専門学校といった環境が揃わないと考えたからです。また私立大学を考えたのは、高校在学中は、放送部の部活が忙しく、国立大学の幅広い科目の勉強をしている時間がないと考えたからです。

 

 

声優 大学,大学 声優,

大学在学中から、事務所登録を考えて東京の私立にしたということ?

そうです。4年間のうち3年次と4年次は、声優事務所に登録して、オーディションを受けて、端役でいいから経験を積みたかったのです。
実際に自分が、声優として才能があるかどうか?は経験を積まないと分からないし、そのためには場数を踏む必要があると考えたのです。
大学の学部は、初めのうちは、文学部演劇学科を考えていたんですが、親に「大学出てからつぶしが効かないからよして」と言われて、教育学部系の学科に変更しました。保育とか幼児教育も大学の授業にあり、声優の専門学校の声の出し方の勉強が、幼児教育にもつながった部分があって勉強が楽しかったです。教職課程も取っておりますので、教員免許も取得する予定です。

 

 

 

で今は3年生だけど、事務所に登録できている?

はい!2年生まで、夜間部の声優の専門学校へ通学していたんですが、その専門学校が、事務所と繋がりを持っていて、3年生の4月に、事務所登録できました。本来であれば、2年制の専門学校卒業後、事務所附属の養成所を受験して、合格後、2年間養成所で勉強してから、養成所を主催する声優事務所に若干名の登録ができる程度です。通算で最短でもこの流れですと4年もかかりますので、1年生から専門学校へ通学しても、事務所登録できるのは4年生の終わりごろという、流れになります。

 

その専門学校は凄いね!事務所登録まで最短4年間かかるのを2年間にショートカットできるんだね!

そうですね。高校生のときから、資料請求して、いろいろな専門学校を比較しましたが、渋谷のこの某専門学校がダントツでした。まず最初の1年目は、半年間の基礎コースで発声と演技の基礎を学び次の半年間の研究コースで、アフレコやナレーションのやり方を学びます。2年目はプロダクション所属にむけた高度なカリキュラムで1年間みっちり勉強します。幸い1年生から通って、3年生の4月には、事務所登録できましたので、よかったです。
本来なら専門のあとに養成所へ2年間行きます。その上で事務所オーディションに合格してはじめて事務所登録がなされます。
養成所へ行くお金もけっこうかかりますから、2年間の時間短縮と養成所授業料が浮いた分、120万円の節約ができたかと思います。
事務所登録まで最短4年間かかるのを2年間に短縮する専門学校はこちら
今では、ノブ役(端役)ですが、キャストオーディションの声もかかり、先日喫茶店のウエイトレスの「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」だけの役ですが、仕事をいただきました。

 

専門学校によっては、誰でも合格できて、授業料が年間120万円もかかるって本当?

私の場合、大学の授業がありますから、夜間コースの専門学校でした。だから授業時間もそれほど長くなかったせいか、それほどは高くなかったです。
ただ、昼間部の専門学校によっては、見せかけのオーディションが行われ、実際は、全員合格というところもあるようです。
入学オーデションの実際の記事こちら

声優 大学,大学 声優,

これからは声優として生きる?

声優として生きる前に、私の声優への志が本物かどうか?を、役を演じることによって見極めたいですね!もしかしたら、周りからチヤホヤされたいだけの動機で声優の門を叩いているだけかもしれないですし、その程度の動機で、声優として生きたいのは勝手かもしれないですが、間違いなく生き残れないとおもうのです。4年生の教育実習が始まるまでに、自分なりに、声優への志が本物なのかどうか?結論をだそうと考えているんです。

 

なるほどね、そのために、3年生で声優の事務所登録をしたわけね?

そういうことです。ただ無難にノブ役をこなせるだけの声優なら、すぐに若い子たちにとって代わられると思うんです。ノブ役の演技の中にも、私の個性がキラリと光る何かがないと、次の仕事は回ってこないと思うんです。ただその個性が、私の中にあるかどうかもわからないですし、その個性を作るために、どれだけ声優という仕事に没頭できるか?それは、私の声優への志がどのくらいか?にもよると思うんです。個性を作るために、自然と役に自分を入れているようなことが多ければ、私の声優への志は本物でしょうし、人から言われて、役の演じ方を考えているようでは、偽物だと思うんです。もし偽物だったとしたら、教員免許を活かして、高校の教諭になり、放送部の顧問とか、声にかかわる仕事をライフワークとして、声優の経験を活かしたいと考えています。

 

どちらにしても、早い段階でキャストオーディションを受けて、声優の仕事をしてみることが大切ということ?

そうだと思います。声優の仕事が来るまでに大学へはいってから、4年や7年かけてしまうのは、ものすごくリスクだと思うんですね!ただでさえ、年齢が高くなると、評価が低くなりがちな業界ですし、大学卒業後、声優という仕事にありつくために、浪人することは、それだけで、マイナス評価されてしまいます。学生のうちに、声優の仕事をしてみるという経験こそが、その後の自分の身の振り方を考える何よりの教材になると思うんです。

そもそも高校を卒業して、声優養成所へ通所することは、リスクが大きい。

たとえ、幼少期のころから、役者のイロハを勉強して、声優や役者への道筋がある程度見えている生徒さんでも、これから先の声優業は、かなり高度な個性が求めらます。
極端な言い方をすると、ただアフレコをして、声をあてるだけの仕事ならAI機能を搭載したアンドロイドでも可能になります。
初音ミクのようなアンドロイドです。
このようなアンドロイドなら、一度システムを組んでしまえば、声優に払うギャラよりもはるかに低コストでアフレコができてしまいます。
役の背景にある社会心理や、登場人物への深い考察ができる声優でなければ、目先の仕事はできても、長い目では、仕事を継続することができないでしょう!

高校を卒業して、声優専門学校もリスク

目先の視点では、高校を卒業して、声優専門学校を卒業してしまうと、社会に出る最初のステップで、正社員になることが難しいという視点も重要です。日本の社会では、最初の職歴で正社員になれないと、途中から正社員になるのは、かなり厳しいのが、現状です。

 

特に、高校を卒業するまで、演技や芝居やナレーションと縁があまりなかった生徒さんは、声優とてし、仕事を引き受けるようになるまでにかなりの時間を要します。

 

声優としての仕事ができるまでに、アルバイトだけで、生活をしていくのは、かなりのリスクです。

 

以上から、学力的にも、経済的にも、大学へ進学することが、許されるのであれば、行くべきです。
元声優による教務スタッフが、大学に行きながら夜間週一回のコースでも、事務所登録できるコツを資料請求をつうじてメールで相談に乗ってくれます。↓↓
事務所登録まで最短4年間かかるのを2年間に短縮する専門学校はこちら
↑↑
事務所登録後の、声優としてのアピール力まで、身につけさせてくれるので在学中から声優としての経験が積めます。

 

私の塾の生徒が、声優目指しながら大学へ行くと進路を決めたときに起きたこと!

声優になりたくて、大学の演劇学科を目指すといったら猛反対!

声優は声を通して、演じる仕事なので、ベースは演劇!だから文学部演劇学科を目指したら、母親が猛反対!
演劇学科でても、就職もないし、つぶしが効かないので、やめたほうがいいよの一点張り!
父親も同意見らしい!親に心配かけてまで、自分のやりたいこと貫くのはちょっと。

大学で教える演劇は、あくまで座学で教える学問にすぎない。
道筋も専門学校や養成所のようなルートが、あるわけでもない。 だから、演劇学科を卒業しても、プロダクション登録ができるわけでもなく、事務所オーディションを受けて合格した生徒だけが声優としてスタートできる。 そういう意味では、他の学部と異なるメリットが演劇学科にあるわけではない。

 

声優にむけて活動したいけど、見通しがたたないから、落ち着いて勉強できない!

大学の演劇に反対するなら、声優学科はなおさら反対!志望校が決まらないまま受験勉強するのはつらい!
予備校の担当の先生に相談したら、大学は、経済学部とか法学部などの、私立文系でも声優になれる可能性はあるとのこと!
ただ、在学中の早い時期から、声優の養成所に入所して、声優プロダクションに事務所登録する必要があるとのこと。
今の私って声優養成所を受けて、合格するだけの実力があるかしら・・でも在学中に自分が声優としてやっていけるか、その才能があるのか、自分で見極めてみたい!すくなくともなにもしないまま、流される人生を過ごしたくないの・・

 

私の塾の生徒が、声優目指しながら大学へ行くと進路を決めたときに疑問に思ったこと!

大学は、普通の文系学部でも声優になれるの?

 

 

そもそも高校生から声優目指して、声優になれるの?

 

名探偵コナンの声優やエバンゲリオンの美里の声優は、高校3年で声優目指した!

 

才能があったから、声優になれた!

 

自分に才能があるかどうか?大学に行きながら確かめたい!

 

4年間学生として見てくれるので、この期間に声優の芽がでなければ、考える!

 

最短で事務所登録するには?

 

事務所登録してから、仕事をもらうコツは?